バセドウ病と仕事のつきあい方

こんにちは、りえです。今日は、仕事とバセドウ病について書いてみたいと思います。

 

バセドウ病。歌手の綾香さんなどが休養したことで知られるようにはなりましたが、名前は聞いたことがあるけれど、どんな症状の病気なのかよくわかりませんでした。

 

いま、仕事をしながら、メルカゾールを飲みながらの治療をしています。薬のおかげで、ずいぶん楽に生活出来るようになりましたし、仕事もできています。

バセドウ病で働くこと

りえは、いま働きながら治療をしています。薬を服用して、日々変わりなく生活しています。

 

病気が、発症してもバセドウ病と気づかず、ただの疲れだとか、別の病気と思い込み治療が遅れると、悪化して動けなくなるほどの辛さをあじわいます。

 

できるだけ早く治療を開始してください、そうすれば、体は劇的に楽になります。

 

バセドウ病の治療方法は、大きく3つあります。

  1. 服薬
  2. 手術
  3. アイソトープ

 

りえの場合は、1,服薬での治療をしています。一番多くの方が取られている、治療方法だと思います。

 

薬の副作用で、治療方針の転換で手術やアイソトープ治療を選択される場合もありますが、こちらでは、りえの場合のメルカゾールでの服薬治療の経過報告と仕事との付き合い方をお伝えします。

 

薬の量は、血液検査の数値を元に、主治医が増減調整しながら服用しています。

 

時々、薬を飲むのを忘れてしまう時もありますが、あまり、堅苦しく考えずに気長に治療を進めています。

 

普段は、病気のことを忘れて仕事もできています。今は身体も快調です。治療は大事です。薬の服用を始めてから、約3週間くらい効果が現れ、とても楽になります。

 


治療開始からの3週間。この間は、できるだけ身体を休めるようにしてください。仕事も家事も休んでください。ほぼ、安静がいいです。

バセドウ病と診断された当時の状況

バセドウ病と診断された時は、今までの体調不良の原因が判明して
良かったという気持ちの方が強かったんです。

やっぱり病気だったんだと、妙に納得し、治療しようと張り切っていました。

どうして、動機がするのか?
どうして、こんなに疲れるのか?
どうして、仕事が思うようにできないのか?
どうして、家事をする気が起きないのか?

病気だったから。

病院を午前中に済ませ、午後から出勤しました。
当日に処方された薬を持って、何事もなかったように勤務についたのです。

その日は、残業の予定の日でしたので、当然のように勤務していました。

体調は、ずっと悪かったのですが、病名がついたことは上司に知らせておこうと思いました。
「一応伝えておこう」それくらいの軽い感じでした。

よくよく考えてみれば、
医者から、仕事を続ける上での注意点を聞くのを忘れていました。

そもそも、「休む」という概念が無かったので、聞いてなかったのです。

思い返してみれば、医者からは、今の状態は24時間マラソンをしているのとおんなじですよ
と言われていたのです。

24時間マラソン。

1時間でもしんどいです。
それが、24時間ですよ!

よく、考えればわかることです。
ゆっくりしていなさい。ということ。
「言わなくてもわかるだろう」が、わかってなかったんですよね。

身体は、限界だったんです。

当然、立っていられなくなってきました。

今までは、普通に出来ていたことが、出来なくなる。

ちょっと、怖いですね。
病気ですものね。当たり前といえば当たり前です。

薬を飲みながら、仕事出来ると思っていました。

甘かったです。

診断当初の様子

バセドウ病と診断されるまでに現れた症状について
バセドウ病治療開始


診断されて二日目。

仕事で、立っているだけでふらつくようになっていました。
気力だけで立っている、喋ってる、そんな感じです。

冷や汗なのか、汗がだらだらと落ちました。
近くにいる人もびっくりしたと思います。

どこの企業もそうだと思いますが、経費削減、すなわち人件費削減。
人員に余裕などはありません。
休みたくても、休めない状況です。

りえの会社では、シフト勤務。
朝、昼、夕と3交代くらいに分けられています。

シフトはもっと複雑に、時間が設定されていますが。
朝の準備の人員は、限られています。

電話で休むことなど、はじめから頭にありません。
這ってでも出勤する。
そんな毎日だったので、休日以外に休むなどありえない。

でも、
顔から血の気も引き、体がふらつきだしました。
異常です。
今までに経験したことのない変調でした。

我慢できず、その日は早退しました。

翌日は、どうしても外せない業務があり、全員出勤の日。
フラフラになりながら出勤、仕事をしました。

4日目、とうとうベッドから起き上がれなくなりました。

前日の勤務で精魂使い果たしてしまって、言葉の通り動けなくなっていました。
気力も体力も使い果たしていました。

バセドウ病って、こんなに疲れるし動けなくなるものなんだとびっくりしました。
自分は、病人なんだということを思い知ったのです。

インフルエンザの高熱で体が動かない、あの感覚に似ています。

身体が、重くて動かないのです。
自分の意思でも動けなくなる、本当に病気は恐いです。

メルカゾールの服用の効力が現れるのに、3週間は必要でした。
薬を開始してすぐの身体は、思うようには動かないのです。

診断書を提出

りえの場合は、こんな感じで会社から休むようにと言われ、
上司がすぐに手続きを済ませ、次の検査までの3週間、仕事を休ませてもらえることになりました。

頼りになる上司もいます。

普段の仕事も、早い人でした。本当にありがたい。
自分もそうでありたいです。

担当医にもそのほうが良いと言ってもらえて、すぐに診断書を書いてもらいました。

診断書は、すぐ書いてもらえます。
心配要りません。

医者は、患者の味方です。
休めるならそのほうが、治療に良いに決まってます。

自宅療養は、必要です。
本当に助かりました。

初めの1週間は、本当につらくて、全くベッドから動けませんでした。
食べる時には、座らないといけないので、仕方なく動きます。

一番つらかったのは、食料の買い出しと調理です。

すっかり寝込んでしまっているので、起き上がるのが辛い。
でも、お腹は異常に空腹です。

病気のせいで代謝が活発になっているので、体重もみるみる減っていきました。

高蛋白高カロリーを取らなくちゃいけないと思いながらも、身体を動かすことができませんでした。

このままでは、骨粗鬆症になってしまう。
と、気が気ではないのですが、近くにある物をつまむだけの日々でした。

2週間を過ぎたくらいから、身体が軽くなってきました。

なんとか動けそうになってきました。

体重管理も気にしながら、食事にも気を付ける。
まだまだ、疲れやすいので気をつけながら、ゆっくりと、仕事に復帰して行きたいと思います。

一人暮らしの方は、本当に大変だと思います。
お母さんが、いたらなあ。
ご飯作って欲しいなあ。

今りえは、仕事できています。

それは、診断当初にゆっくりと休養し、体調を整えたからだと思います。

自宅で療養出来るのが、一番!ですけど、みんなそうはいきせんよね。
ただの怠け者と思われるかもしれませんが、本人はとてもつらい状態なんです。
お腹もすくし。

治療は長くなるので、仕事はやめないで続けるように考えてください。
体力が落ちるので、力の要らない仕事だといいですよね。

りえの仕事は、結構力を使うのでこれからが心配ですが、頑張って続けていきます。
ストレスも大敵です。

あまり思いつめないように、ゆったりと気分転換出来る環境も整えつつ。

辞めちゃダメですよ。

バセドウ病は、100人に1人がなる病気だそうです。
りえの同僚にも、辞めていった人もいます。

きっと辛かったんだと今なら、わかります。
でも、病気と戦うために仕事は、続けたほうがいいと思う。

りえは、同僚に迷惑をかけて休ませてもらっているので、申し訳ないですが、
先が長い闘病生活には、お金も必要ですから。

頑張りましょうね。

薬を飲みながら、体調を管理して仕事は続けていきましょう。

辞めたら、また一から仕事を覚えるストレスとも戦わなくてはいけなくなる。

薬で、身体はずいぶん楽になります。
手術したら、もっとすぐに効果は出ると思いますが、
慣れた仕事なら、大丈夫、できます!

頑張りましょう!
一緒に戦いましょう。

2 Comments

りえ

ヒトミさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
私も励みになります!前向きにゆるく頑張りましょう!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください