バセドウ病5回目の検診結果

こんにちは、りえです。
バセドウ病の検診に行ってきました。
病気が判明してから、4ヶ月目を迎えます。

日々、体調は変化します

数値は安定してきています。
メルカゾールの服用も2日飲んで、1日お休み。

なんですが、これ時々飲み忘れちゃってます。

飲んだかどうかが、わからなくなることがあるんです。
ピルケースを使って、曜日シールは貼ってるんですけどね。
一週間じゃなくて、1ヶ月のピルケースないかしら?

クリスマスの時のような、ワクワクするカレンダー形式で飲むなら楽しいかな。

本日の検査結果

 

5回目の検査結果。

項目今回(6月)前回(4月)
FT41.370.62
TSH<0.010<0.010
TRAb26.9

基準値に入ってきました。
順調です。

肝機能の方も特に異常はないとのことです。
ALPが若干高めですが、寝坊して食後すぐの採血だったのも影響あるかもです。

いつもは高くないので、そんなに気にしなくて良いみたいでした。

それよりもTRAbの数値が高いままなので、メルカゾールの服用をやめるとまた症状が出てくるらしく、このままの治療をしばらく続行です。

まあ、今日はじめてTRAbの説明を受けたんですけど。

甲状腺を刺激して、甲状腺ホルモンを作ってしまう物質のようです。
バセドウ病の人は、この数値が高いそうです。

次回は、1ヶ月後。
それまで、2日飲んで1日休みのメルカゾールの服用を続けます。

はじめの診断の時に、症状がおさまってくるのに3ヶ月くらいかかると言われていました。

そう思うと1ヶ月くらいでおさまったし仕事にも復帰出来ているし、良い方向だと思わなくてはね。

永いお付き合いになるんだな。

一歩ずつだな。

バセドウ病6回目の検診結果は、引き続きメルカゾールを服用続行

2 Comments

こねこのぴっち

りえ様 はじめまして。
こねこのぴっちと申します。

私も、同じバセドウ病と診断され、もう11年間、別府の野口病院(甲状腺では有名な病院だそうです)に通院しています。
お薬の量を減らし過ぎると、効果てきめん?またすぐに病状が悪化してしまうので、困ったものですね。
一番病状が酷かった時は、職場の階段を登ることも出来ないほどでした。あと、ストレスがモロに悪化に拍車をかけるようです。8年前、急な転勤を命じられ、環境が突然変わった時は、一気に症状が悪化しました。
りえ様もお気をつけてくださいね。

以前、医師や周りの人からも「手術すれば?」と言われましたが(今は、切開せずに、放射線で甲状腺を焼ききるという簡単な方法もあるのですね)、その後も、ゼロになった甲状腺ホルモンを補うため薬を服用しなければならず、結局一生、病院とは縁が切れないみたいです。
いずれにしても、長く付き合わねばならない病気ですが、何とか騙し騙ししながら、体調をキープできると良いですね。

では、突然長々と失礼しました。実は私もちょうど昨日が通院日だったので、ついコメントしてしまいました。どうぞ、お大事に。

返信する
りえ

こねこのぴっち様、はじめまして、丁寧なコメントをありがとうございます。
たくさんの方が同じ病気と戦ってらっしゃるのだとあらためて考えさせられました。
私も、人事異動の影響を受けて発症したような気がします。
2年位立て続けに残業の多いところに動いたりしたので。

こねこのびっちさんは、11年向き合ってらっしゃるのですね。
大変なときもおありだったでしょう。
この病気の辛さは、回りに理解されないところが多いような気がしています。

私は、この病気と出会って、やっと半年です。
私の中では、なんとなく2年位で薬の治療も終了したらいいな、くらいの考えでいました。
甘いですよね。
手術を提案されたということは、症状が重かったのでしょうか?
今は安定されているご様子と勝手に想像してみます。
私も、働ける間は仕事を続けながら、病気と体調と日々の生活に前向きに進みたいと思います。

こねこのびっちさんもお大事になさってくださいね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください