バセドウ病6回目の検診結果は、引き続きメルカゾールを服用続行

こんにちは、りえです。
バセドウ病と診断されて、5ヶ月目。

6回目の検診でした。

今回の検査結果と今後の治療についての備忘録です。

メルカゾールの服用はまだまだ続行です

6回目の検査結果。

項目今回(8月)前回(6月)
FT41.361.37
TSH<0.010<0.010
TRAb26.9

肝機能、貧血等の症状は無し。

経過はともに変わりなしとのことです。

前々回から、3日に1日お休みのメルカゾールの服用。
このままのペースでしばらくいきましょう、とのことです。

夏の暑さが、ストレスになり症状が悪くなる事が、多いそうです。

闘病中の皆様も暑さには、気をつけてください。

治療方針のお話がありました

やはりTRAbの数値が下がらないとメルカゾールの服用をやめられない
今以上に、少なくすることも出来ないとのことでした。

毎回行なっている、血液検査の数値からメルカゾールの服用の量を調整していくのですが、1日おきになって飲まなくてもいけるようになるのに、少なくとも1年半くらいの予想です。

TSHの数値とTRAbの数値が、改善していないので、現状維持です。

今、メルカゾールで数値が安定しつつある、FT4に加えて、上記の2つが寛解への通過点です。

この3つがすべて、正常値にならないと薬がやめられないし、やめると元の症状が発生するのだって。

TSH、始めっから全然変わってないじゃん!

見かけ、回復してる風だけど、何だか騙された気分です。

気長に気長に、わかってはいるんだけどね。

ストレスがよくないとのことだから、のんびり何をしようかな。

ポケモンでも探しに行こうかな?

バセドウ病7回目の検診、夏バテで数値悪化。メルカゾールと動悸のクスリが増える。
バセドウ病治療開始

2 Comments

こねこのぴっち

りえさん、こんにちは。少し前に、初めてコメントをしましたこねこのぴっちです。
バセドウ病のほう、その後の体調はいかがでしょうか?
りえさんは、血液検査の結果をちゃんと見て、TSHとか、色々な数値を詳しく振り返っているから、えらいですね。私は、面倒なのもあり、最近はもうあまり詳しく見なくなりました。もちろん、チラッとは見ますけれど…。

病気との付き合いが10年を越えたこともあり、通院や服薬が「生活の1部」みたいにマンネリな感じになってるのかもしれません。
薬の量を減らすと「効果てきめん」で、3ヶ月後くらいには急激に悪くなる、そしてまた薬の量を増やす…この繰り返しをもう何回も経験しました。今、また何だかちょっと悪くなってる感じで、嫌だなあ、と思います。この夏の異常な暑さも絶対関係ある、と自分では思ってるんですが…。
とにかく、バセドウと初めて診断されたあの時は、職場の階段も登れないほど酷かったから(学校はエレベーターが無いので)、あの状態には戻りたくない!と思ってます。

りえさんがおっしゃってるように、ストレスもこの病気を悪化させますから、楽しいことを考え、自分の気持ちを穏やかな状態にキープできるとよいですね。

まだ暑さはしばらく続きそうです。どうぞ、ご自愛ください。

返信する
りえ

おはようございます。
こねこのびっちさま。
学校でお仕事なさっているのですね。エレベーターがないのは辛いですね。
階段は、健康な人にはなんともないですが、調子の悪い時は敵ですよね。

このところの残暑は本当に厳しくて、わたしも脈拍が、90くらいに増えてきていまして、ちょっと疲れ気味です、
オリンピックの観戦で寝不足なのが、よくなかったのかも知れません。

薬での治療は時間がかかり、再発しやすいのですよね。
頑張り過ぎないように、ストレスをためたいように、穏やかに過ごしていきたいと思います。

こねこのびっち様もご自愛ください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください