バセドウ検査結果の記録

 

バセドウ血液検査

2016年

 

項目 2月 3月 4月上旬 4月下旬 5月 6月 8月 9月 12月
FT4 4.34 5.08 1.68 0.62 1.37 1.36 1.80 1.80
TSH 0.030 0.01 0,01 0.01 < < < <
TRAb 37.4 26.9 11.3
メルカゾール 3錠 2錠 1錠 2/3 2/3 2/3 2/3 2/3
アテノワール

1錠

1 1
備考 循環器医 治療開始 3w後 3w 4w 4w 8w 8w 8w

治療を開始した当初は、メルカゾールを3錠、アテノワールを1錠、1日一回服用。

 

3週間ごとの血液検査で確認。肝機能、白血球、全身のかゆみ、手の震えなどをチェック。初回の検査には、甲状腺の大きさを超音波で計測した。

 

甲状腺のホルモン量を押さえるメルカゾールが、効き目をすぐに現した。3錠→2錠→1錠と検査のたびに薬の量が減っていきました。

 

基準値(目安)
FT4(遊離サイロキシン) 0.97〜1.69ng/dl
TSH(甲状腺刺激ホルモン) 0.33〜4.05pu/ml

2017年

項目 1月 3月 6月 8月 10月 12月
FT4 0.97 1.12 1.0 0.38 1.12 1.21
TSH 2.19 1.22 1.03 1.57 4.21 1.42
TRAb 5.6 3.0
メルカゾール 2/3〈日) 2/3 2/3 2/3 2/3 2/3
次回まで 8week 10w 8w 10w 8w 10w

2017年の大きな変化は、TSH甲状腺刺激ホルモンの数値が現れたことです。

 

昨年までは、測定が以下表示だったので、甲状腺ホルモンを薬で押さえる事によって、刺激物質も抑えられるようになってきたのだろうか。TRAb(TSH受容体抗体)の数値が検査のたびに減少していくようになった。

 

バセドウ病の診断の大きな数値の目安が、TRAbが陽性であることなので、寛解の診断にはTRAbが陰性になる必要がある。2017年は一歩前進の年だった。

 

メルカゾールは、1日1錠、3日に2日飲む。

 

2018年

項目 3月 5月 8月 11月
FT4  1.27 1.13 1.02 1.14
TSH  3.59 2.05 1.06 1.27
TRAb  – 1.1
メルカゾール 1/3 (日) 1/3(日) 1/5(日)
次回まで 12week 12w

 

メルカゾールの量が、3日に1日「1錠」、11月には5日に1日「1錠」になる。順調に寛解へと近づく。

2019年

項目 1月 4月 6月 9月
FT4 1.46 1.26 1.31 1.18
TSH 1.06 0.84 0,93 0・97
TRAb 1.0 1.0未満
メルカゾール 1/5(日) 1/5(日) 1/5

終了

治療開始から4年。

薬のおかげで、日常生活を取り戻しつつあります。

薬を飲まないでも過ごせるように、そろそろ決断。

ついに、9月の定期検診の結果をみて、薬を飲まないようにしてみることになりました。

 

残念ながら、半年で再発しました。

薬のコントロールの難しさを知りました。一病息災、かも知れません。

 

2020年再発からの記録

メルカゾールを1日1錠、動悸を抑える薬をプラス1錠飲んでいます。

6月からは、メルカゾールのみに変更。

 

1月 2月 3月 4月 6月
FT4 1,94 1,52 1,39
TSH <0,010 <0,010 <0,010 <0,010
TARb 7,7 25,0