父の認知症の薬をやめて2週間経過。

こんにちは、りえです。

父のかかりつけ医を決めて、2度めの通院を終えました。

今現在かかっている病院は、内科と脊椎外科と泌尿器科。
あと、眼科と歯科にも行きたいと思ってはいます。

通院って大変だなあ。

家にきてくれたら楽なんだけど。
まだ、行けるうちは通おうとおもいます。

アリセプトを休止中

薬
父が自宅に戻ることになったのは、施設での暴力的行為が原因です。
それ以外にも、イライラして怒鳴ったり「ここから出せ!」と叫んだりすると聞いて切なくなったから。

認知症の薬には、副作用として興奮したりすることがあるのだそうです。

認知症関連の本を読んだりして、見たり聞いていたりしてた。
実際に自分の身に起こってみても。

実際の出来事として「ああ、こういうことか?」と思う。

薬を飲んでいるから、攻撃的になっているのか?
認知症の症状として攻撃的になっているのか?

そのところの判断はとても難しいと思います。

薬を飲まないとどうなるのかもわからないし、飲んでなかった時の事ももはやわからない。
やってみなければわからない。
どっちが正解なのか?も無いような気もする。

現在の医学で認知症は、薬では完治しない。

で、実際に2週間飲まない状態の父はどうか?と言うと、とても穏やかです。

物忘れがひどくなったのか?というとそんなことはありません。
もともと、忘れているので日常生活は同じです。

認知症という疾患が、ゆるやかに進行するものだからそう見えるだけかも知れない。

今年の夏は、厳しい暑さですので疲れやすくなっていたりはします。
が、父は元気です。

デイサービスのことも、楽しみにしているようです。

1日休むと、もう翌日は朝からそわそわして準備を始めます。
長い間行っていないと思うようで「行きたい」みたいです。

昨日の事は覚えていない

今日が何日か?
とか、昨日が何曜日なのか?
今が何月なのか?

今日生活するのに必要でないことは忘れてしまっています。

さっきのことも忘れています。

でも、それでいいと思えてきました。

イライラして、いろんなものに文句を言って過ごすより、笑っていられる方がいい。

「また、忘れちゃったなあ」って笑ってる父の方が断然いい。

アリセプトをやめて2週間。

経過観察後の内科の先生は、「このまま飲まないでいましょう」と言ってくれました。

これは、家族もその気持です。

薬をすすめる医者もいる。

薬をやめる医者もいる。

どちらもお医者さまだ。

今は、やめる方の先生と父の様子を見ていきたいと思う。

 

 

要介護1ってどういうことだろう

 

要介護1の認知症の父、認定調査の更新が間もなくやってくる。

1人で出来ることは本当に少ない。

ますます幼児化していく。

洗濯を干している間のわずかな時間でも、りえを探す父。

家中探しているのだ。

15分後には食事をしたことを忘れている。

着替えを渡しても、脱いだ洋服をまた着ようとする。

朝なのか夜なのか?わからない。

介護のために休職して2ヶ月が経つ。

このまま、やめることになってしまうのかも知れないなあと思う。

薬
父と入院、前立腺肥大治療。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください